DC5インテグラ フロント ハブベアリング交換

DC5のフロントハブベアリングを交換します。ナックルを取り外しベアリングセパレーターをセット。サイズは75〜105ミリでセパレーターの内径を、サンダーで削りネジも長い物に交換して使用。
ハブ抜取り.JPG

油圧プレスにセットして先ずはハブを抜きます。
ハブ抜取り2.JPG

ハブが抜けました。ベアリングの内輪が残ってしまいましたが後回しにしてハブベアリングを抜きます。
ハブ抜取り3.JPG

下記はハブ抜取り作業の動画です。


ハブが抜けたので次にハブベアリングを抜きます。スナップリングを外しベアリングセパレーターをセットします。
ハブベアリング抜取り.JPG

次にプレスでベアリングを抜きます。
ハブベアリング2.JPG

ベアリングが抜けてケースだけになりました。ベアリング組込み前に錆を落として塗装します。
IMG_2124.JPG

下記はハブベアリング抜取の動画です。






posted by EP3 at 23:50 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DC5 強化エンジンマウントの製作

マウント強化剤を流し込むためにエンジンマウントの反対側をガムテープで裏打ちします。


IMG_1408.JPG


拡大すると下の画像の様にガムテープを適当に貼っただけの簡単作業です。


IMG_1409.JPG


しかしこれではガムテープの隙間から液が漏れだすので、ガムテープの上からセメダインを塗ります。


IMG_1411.JPG


次に運転席側の液封入タイプのマウントを加工します。裏面のゴムをカッター等で撤去し内部の液を抜きます。すると内部にもう一枚ゴム膜があるのでそれも撤去して内部を良く洗浄して準備完了です。


IMG_1412.JPG


セメダインも乾燥して全部のマウントの準備ができたのでいよいよ強化剤を流し込みます。詳細は下の動画からどうぞ




完成しました。


p1.jpg


posted by EP3 at 15:10 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DC5 リア ナックル ブッシュ抜き取り。その1

kusaokun-img600x450-13663890186tdixl65682.jpg
先ずはアッパーアーム接続部のブッシュ(画像赤丸)
をプレスで抜きます。
IMG_0909.JPG
当て物をセットする際にバリ(画像内赤丸)が邪魔なので
ヤスリ等で削り修正します。
IMG_0906.JPG
修正完了です。端面が平らになりました。
これで当て物を真直ぐにセットできます。
EP3  リア ナックル.JPG
そして油圧プレスで打ち抜きます。
当て物の外形は39mmです。
ソケットを流用しました。





posted by EP3 at 20:18 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DC5 リアナックルブッシュ抜取り。その2

kusaokun-img600x450-13663890186tdixl65682 - コピー.jpg
画像内赤丸の2ケ所を抜取ります。2つのブッシュが並んでいる為
プレスでは面倒な作業になります。
IMG_0905.JPG
今回はプレスを使用せず画像の様な
全ネジ、長ナット、ブッシュより外径が大きいワッシャーを使います。
ホームセンター等で簡単に入手できます。
ワッシャーは穴があれば平鋼等でも構いません。
IMG_0902.JPG
この様に全ネジをセットして長ナットを回すと
ブッシュが抜けてきます。
IMG_0904.JPG
ブッシュが抜けてきました。外周がゴムなのでプレスを使用しなくても
楽に抜き出すことができます。残りの1ヶ所も同じ要領で抜きます。
ブッシュを圧入する際は逆の手順です。
EP3 IMG_0872.JPG
全てのブッシュを抜き終わりました。
圧入する新品ブッシュは、
百式自動車DC5リアナックル強化ブッシュです。
画像クリックでショップに飛びます。



posted by EP3 at 21:52 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする