ZC31スイフトスポーツ フロントメンバー溶接補強

今回はスイフトのエンジンメンバー溶接補強です。
111.jpg

早速車体から取り外し錆等を落として溶接の準備です。
222.JPG

反対側も同じく処理しました。
333.JPG

スポット部を見てみると・・・
444.JPG

鋼板の合わせ面の端は全周溶接の予定です。
555.JPG

車体との接続アーム?ロッド?の付根の辺りも確り溶接したいところ。次は固定用の治具をチャンネル材で製作して溶接開始です。
666.JPG

鋼板の端を全周溶接しました。
bbb.JPG

こちらも同じく全周溶接です。
ddd.JPG

反対側も同じく。
fff.JPG

見た目も綺麗にできましたよ。
eee.JPG

下面には鋼板を追加で溶接しました。
ccc.JPG

そして錆止め塗装をして完成です。
xxx.JPG

完成その2
yyy.JPG

完成その3
zzz.JPG




posted by EP3 at 11:41 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキッド溶接機アイマックス120ステンレス溶接

今回はスズキッド直流溶接機アイマックス120でステンレスを溶接してみました。
部品洗浄機の洗い油を入れる循環タンクの配管位置を変更しました。
IMG_2218.JPG

タンクのそこに穴を開け配管の径を以前より拡大して溶接しました。
予想以上に上手くできましたよ画像拡大でご覧ください。
IMG_2219.JPG

真上から見るとこんな感じです。水を入れて漏れ確認OKです。
IMG_2217.JPG

お次は台車を作ります。下画像のTIG溶接機を載せます。
IMG_1643.JPG

台車の骨格と車輪ともにステンです。
溶接棒はステン用です。
IMG_1673.JPG

そして溶接の出来栄えは満足の仕上がりです。
IMG_1679.JPG

お次は上画像の車輪を溶接中の動画です。

最後に鋳物を溶接してみました。割れの入った万力の溶接です。
IMG_1684.JPG

割れの部分を電気グラインダーで掘り溶接しました。
IMG_1687.JPG

万力溶接中の動画です。

スズキッド直流溶接機アイマックス120の性能は予想以上で当方は大満足です。



posted by EP3 at 23:34 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキッド直流溶接機アイマックス120

今回は最近購入した溶接機の解説です。車の補強等にはTIG溶接機を使用してますが屋外で倉庫の補修等に使う為に小型で持ち運びが楽な直流溶接機を購入しました。その溶接機はスズキッドのインバータ直流溶接機アイマックス120 100/200V自動切換溶接器 SIM-120です。

画像の様に見ためもコンパクトで片手で楽に運べますよ。
IMG_1637 - コピー.JPG

以前から計画していた新しい作業台を製作してみました。
0.JPG

この溶接機は200と100兼用なのですが今回は200Vで溶接します。このクラスの角鋼を溶接するのに100Vでは弱いですね。
1.JPG

溶接部のアップ溶接棒は3ミリ上出来だと思います。このSIM-120予想以上の性能です。クリックで拡大します。
2.JPG

錆止めにレッドプライマーを塗布。
3.JPG

万力を取付けて完成です。次回はこのSIM-120でステンレスの溶接を試したいと思います。
4.JPG




posted by EP3 at 11:00 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィットRS GE8 エンジンメンバー補強

今回はフィットRSエンジンメンバーの溶接補強です。先ずは純正品の状態を見てみましょう。画像はクリックで拡大できます。
IMG_1919.JPG

ロアアームの付け根です。スポット溶接だけの様です。
IMG_1920.JPG

こちらもスポットだけですね。
IMG_1922.JPG

お次は鋼板の合わせ部分開いてすき間ができてますね。
IMG_1930.JPG

シャコ万ですき間を閉じて溶接です。
IMG_1948.JPG

全周ガッチリと溶接見ためも綺麗で上手くいきましたよ。
IMG_1955.JPG

全周溶接の続き
IMG_1956.JPG

こちらはタップ溶接にて補強。
IMG_1957.JPG

次はロアアーム付け根の溶接。
IMG_1962.JPG

溶接完了後の全体画像。やり過ぎると反るのでこの辺で終了としました。次の日治具から外しましたが反り返りも無く上手くできたと思います。
IMG_1949.JPG


posted by EP3 at 22:23 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイフトスポーツZC32強化エンジンマウント製作

スイフトスポーツZC32のエンジンマウントはかなり柔らかくグニャグニヤなので強化品を製作しました。まずは液体封入式のエンジンマウントから製作開始です。
IMG_2010.JPG

カップの部分をカッターで切断すると液体が流れ出てきます。
IMG_2012.JPG

その奥にまたゴムの膜があるので同じくカッターで切断して液を抜きます。
IMG_2014.JPG

次に内部にシンナーを流し込み良く洗浄して強化液を流し込みます。
IMG_2018.JPG


posted by EP3 at 23:30 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EK9シビックタイプR 強化エンジンマウント製作 

EK9のエンジンマウントに2液性ウレタンを流し込み強化することにしました。
aaaa.JPG

裏側はこんな感じで小さな穴があります。当初はこの穴からウレタンを流し込むつもりでしたが、穴を拡大して内部を確認することにしました。
bbbb.JPG

ボール盤に固定して・・・
cccc.JPG

ホルソーで穴を開けます。
dddd.JPG

穴から中を覗くと・・・
eeee.JPG

さらに拡大してみた。
ffff.JPG

次に内部をシンナーで良く洗い穴からウレタン液を流し込みました。
gggg.JPG



posted by EP3 at 00:24 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL7 アコード F ロア アーム ブッシュ抜取り

片側3ヶ所のブッシュを抜取ります。1ヶ所だけツバ付のブッシュがありここが厄介です。

IMG_1681.JPG

他2ヶ所は旋盤で削りだした治具を使いプレスで簡単に抜けました。
IMG_1707.JPG

抜き出したブッシュです。かなり錆びてましたがすんなり抜けました。
IMG_1709.JPG

ツバ付のブッシュはゴムの部分を削ぎ落します。
IMG_1685.JPG

グラインダーでは砥石の目がゴムで詰まるのでカッターで削ぎ落とします。
IMG_1684.JPG

次にツバの部分をグラインダーで削ります。
IMG_1687.JPG

ペラペラになるまで削ると手で剥がれます。あとはプレスで押すだけです。
IMG_1688.JPG

プレスで抜取り後ブッシュ圧入部の穴を紙やすりで修正し錆止めを塗装しました。
IMG_1765.JPG



posted by EP3 at 15:13 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする