フィットRS GE8 エンジンメンバー補強

今回はフィットRSエンジンメンバーの溶接補強です。先ずは純正品の状態を見てみましょう。画像はクリックで拡大できます。
IMG_1919.JPG

ロアアームの付け根です。スポット溶接だけの様です。
IMG_1920.JPG

こちらもスポットだけですね。
IMG_1922.JPG

お次は鋼板の合わせ部分開いてすき間ができてますね。
IMG_1930.JPG

シャコ万ですき間を閉じて溶接です。
IMG_1948.JPG

全周ガッチリと溶接見ためも綺麗で上手くいきましたよ。
IMG_1955.JPG

全周溶接の続き
IMG_1956.JPG

こちらはタップ溶接にて補強。
IMG_1957.JPG

次はロアアーム付け根の溶接。
IMG_1962.JPG

溶接完了後の全体画像。やり過ぎると反るのでこの辺で終了としました。次の日治具から外しましたが反り返りも無く上手くできたと思います。
IMG_1949.JPG


posted by EP3 at 22:23 | Comment(0) | その他(他車種など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EP3のベアリングは高い?DC5&EP3のフロントハブベアリングの考察

EP3約¥7000とDC5約¥3500のフロントハブベアリングは品番が違いますがハブの品番は同じです。ベアリングの寸法をチェックしてみると寸法は同じなのです。下の画像はEPとDCのベアリングの比較です。
IMG_2116.JPG

結論は両車のハブベアリングは互換性があるという事です。当方もEPにDCのベアリングを使用してます。では品番が違うのはなぜ?それは下の画像の通り生産国とベアリングメーカの違いによるものと思います。EP3のメーカーはNSK。
IMG_2118.JPG

DC5のメーカーはNTN。
IMG_2120.JPG

そしてベアリングの生産国はEP3がイングランドです。
IMG_2117.JPG

ちなみに両車のハブの画像ですが、こちらは形状が微妙に違いますね。
IMG_2167.JPG

次に裏側です。ボールジョイントもDCのほうが一回り大きいです。
IMG_2166.JPG


posted by EP3 at 09:45 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする