EP3 マフラー交換

今回は下記のフジツボのRM-01Aと交換することにしました。


先ずはフランジ(下記の赤丸の部分)のナット3個を外します。

1111.jpg

メガネレンチをかけたのですが3個すべて焼き付いて回りません。最初からつまずいてしまいました。

4444.JPG

反対側のナットも頭がなめてしまいました。

2222.JPG

回すのは諦めて電動サンダーでボルトを切断しました。

5555.JPG

切断したら簡単にボルトが抜けたので新品ボルトを購入

3333.JPG

そして新品ボルトをナットで締め上げ圧入。

6666.JPG

別角度から〜これであとは組み付けるだけです。

7777.JPG

次に付属のガスケットを入れてフランジを接続。

8888.JPG

後方への取り回しは純正とあまり変わりません。

9999.JPG

エンドマフラーとの接続部。

10000.JPG

溶接も綺麗な仕上がりです。

11000.JPG

下から覗くとこんな感じです。

12000.JPG

そして後方〜リアバンパーへの干渉もなくいい感じですね。

13000.JPG

音量は取付けて最初の車検を問題なくクリアーしそれから2年後かなり音が大きくなりましたが問題なく車検を通しました。アイドリングは現在も問題なく静かで住宅街での夜中の暖気運転も大丈夫です。

posted by EP3 at 15:36 | Comment(0) | EP3 シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DC5 強化エンジンマウントの製作

マウント強化剤を流し込むためにエンジンマウントの反対側をガムテープで裏打ちします。


IMG_1408.JPG


拡大すると下の画像の様にガムテープを適当に貼っただけの簡単作業です。


IMG_1409.JPG


しかしこれではガムテープの隙間から液が漏れだすので、ガムテープの上からセメダインを塗ります。


IMG_1411.JPG


次に運転席側の液封入タイプのマウントを加工します。裏面のゴムをカッター等で撤去し内部の液を抜きます。すると内部にもう一枚ゴム膜があるのでそれも撤去して内部を良く洗浄して準備完了です。


IMG_1412.JPG


セメダインも乾燥して全部のマウントの準備ができたのでいよいよ強化剤を流し込みます。詳細は下の動画からどうぞ




完成しました。


p1.jpg


posted by EP3 at 15:10 | Comment(0) | DC5 インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする